FC2ブログ

八甲田山

 八甲田山は広い。というか、八甲田山という名前の山はなく、18峰ある山域を八甲田山と呼んでいるのです。その中の最高峰が「大岳(1585m)」になるんです。
 八甲田山といえば、明治に起きた雪中行軍中の大量遭難で有名ですね。新田次郎が「八甲田山・死の彷徨」という小説を書き、映画化もされました。でも遭難現場は、大岳のような高い山ではなかったようです。
 酸ヶ湯(すがゆ)温泉近くの駐車場に車を駐め、登りだしたところに、この様な標識が建っていました。「日本山脈縦走起点」とあり、日本山脈という言葉を聞くのも見るのも初めてです。とにかく山口県の秋吉台まで5000km。壮大な話ではありませんか。挑戦する人はいるのかな?

PA260026_convert_20091103174010.jpg

 八甲田山って火山群なんですね。登山道近くからも噴煙を上げ、硫化水素の臭いはしてくるし、あちらこちらには温泉もたくさんあるし・・・・。また、仙人岱からさらに登っていくと、この様な「蛇篭」が見られるようになってきます。

PA260034_convert_20091103174118.jpg

 火山で出来た山なので、風雨に晒され崩壊が進んでいるんですね。この様な山は結構多く、伯耆大山や富士山などにもこの様な光景が見られます。何か哀れな感じもしますが、諸事情を考えるとこれも致し方ないことでしょう。
 それでも、山頂からの眺めや、途中にある毛無岱の湿原はいいものです。機会があれば残雪期の八甲田にも行ってみたいなあと、思います。山スキーを履いて・・・。
 この後、奥入瀬に沿った道で大渋滞に巻き込まれながら、十和田湖や発荷峠を越えて、次の目的地に移動しました。

山楽塾 http://www.sanrakujuku.com/
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://sanrakujuku.blog66.fc2.com/tb.php/41-e64a206d

 | ホーム |